インプラント,オールオンフォー,審美歯科なら札幌、マロ・クリニック札幌(旧・円山インプラントオフィス)


    ↑↑新しいホームページはこちらから↑↑

オールオンフォー

 入れ歯でお困りの方、あきらめないでください。All-on-4(オールオンフォー)は、入れ歯で苦しむ患者様のために開発された、インプラントを入れたその日にインプラント固定式の歯が入って噛める画期的なインプラント治療です。

All-on-4(オールオンフォー)とは


 総入れ歯をお使いの方や、多くの歯をなくした方のための最先端のインプラント治療法です。 All-on-4は奥のインプラントを骨のある部分へ斜めに埋め込むことにより4本という最少の本数のインプラントで全ての人工歯を支えることに成功しました。
また、手術当日に歯を入れてその日から噛める即時負荷、即時機能を基本としております。
手術や費用の負担を必要最小限に抑えた新しいインプラント治療法です。

今までの治療法の問題点


 通常、全ての歯を失った方にインプラント治療を行う場合、8〜14本のインプラントを埋め込み、取り外し式の入れ歯をいれ一定の治癒時間後、固定式の歯を入れるのが一般的でした。

それには次のような問題点があります。

  • 骨が足りないことが多く、追加で骨の移植や造成が必要。
    (半年以上の骨ができる期間と移植手術、侵襲が必要)
  • インプラント手 術自体も時間がかかり、費用もかかる。
  • 本数が多いため、ぴったり合った補綴物(上に入れる歯)を作るのが難しい。
  • 補綴物に多くのパーツ、材料が必要で高額。
  • 骨造成時、インプラント埋入後入れ歯を入れられない期間も長く生活上支障が多い。
ページトップ

All-on-4(オールオンフォー)の特長

術前   術後   レントゲン写真
術前   術後   レントゲン写真
  • 1. インプラント手術をした当日にインプラントで支える固定式の歯が入って噛めます。
  • 2. 下顎では4本、上顎でも基本的に4本のインプラントなので費用が安価で経済的。
  • 3. 4本のインプラントを支える骨があればよいので、骨を作る手術は不要。
  • 4. 失った歯ばかりでなく歯茎のふくらみも人工の歯で再現するので、美しい歯並びが可能
  • 5. インプラント本数が少ないので歯磨きや手入れが楽。
  • 6. ぐらぐらの歯や、部分入れ歯も手術当日まで使用でき、手術時に抜歯してインプラントを入れます。

こんな方にお薦めです

  • 1. なるべく経済的にインプラントで支える取り外しのいらない歯にしたい。
  • 2. しっかりと噛めるうごかない歯がほしい。
  • 3. 大きい入れ歯をいれているのが嫌だ。
  • 4. 入れ歯の口臭が気になる。
  • 5. 人前で入れ歯が動いたり外れたりするのが心配。
  • 6. 骨を作る手術などをしないで、今ある骨にインプラントを入れて噛めるようにしたい。
  • 7. インプラントを入れるその日まで、今ある歯や入れ歯を使いたい。
  • 8. インプラントを入れたその日から、新しい歯で噛めるようにしてほしい。
  • 9. インプラントの手術をした上に取り外し式の入れ歯は入れたくない。
  • 10. 手術は一回にしてほしい。
  • 11. 歯並びを理想的にしてほしい。
  • 12. 治療回数を少なくしてほしい。
  • 13. あまり手入れが複雑でないインプラントがよい。

All-on-4(オールオンフォー)治療の実際はこちら

ページトップ

NobelGuide(ノーベルガイド)で行うオールオンフォー

術前 術後 レントゲン写真

 オールオンフォーをノーベルガイド゙を使って行うと治療はさらに簡単です。

  • 歯茎を切り開かないため痛みがほとんどありません。
  • 手術前に当日入れる歯を作っておけるので、手術後すぐに歯が入ります。
  • 待ち時間が少なく早く帰れます。
  • 術後の出血や腫れがほとんどありません。

こんな方にお薦めです

  • 1. なるべく体に負担をかけずにAll-on-4(オールオンフォー)をしたい。
  • 2. 手術の日は、できるだけ短時間で終わりたい。
  • 3. 腫れたり、出血がない方法がよい。
  • 4. 今考えられる限り一番痛くなく楽な方法でインプラントをしたい。

All-on-4(オールオンフォー)とノーベルガイドを組み合わせると、痛くなく、1時間程度でインプラントとインプラント固定の歯が入ります。詳しくはノーベルガイドのページで。

ページトップ

先取りアポイントシステム

遠隔地からの来院や、治療期間を短くする必要があるなど、様々な患者様の条件に合わせて最適な治療予約をお取りする「先取りアポイントシステム」を用意しております。

治療費用

All-on-4(オールオンフォー)の治療費用についてはこちらをご覧ください。

当院のAll-on-4の実績(導入 2006年3月から2010年5月現在)
全て埋入当日、即時荷重 なお、埋入実績は、1500本以上です

部位 症例数 埋入本数 失敗インプラント 成功率
上顎 88症例 364本 5本 98.6%
下顎 56症例 227本 0本 100%
合計 144症例
手術当日に歯装着
591本 5本 99.1%

オールオンフォー治療最短の治療日程
 1. 初診  お見積りお渡し
 2. CT撮影 模型作製  CT説明
 3. 手術 インプラント埋入 仮歯装着
 4. 10日後 抜糸 経過観察
 5. 2カ月後 経過観察 
 6. 4カ月後 経過観察 最終的な歯の型取り
 7. 6カ月後 最終的な歯の装着
※以後は4ヶ月に一度メンテナンス

All-on-4(オールオンフォー)とクリニカマロ

 リスボンのクリニカマロ(Clinica Malo)のDr.パウロ マロ先生がこの画期的な治療法の提唱者です。先生は、高齢化社会で増加した多くの歯のない方々を救う最適な治療法としてこのAll-on-4(オールオンフォー)を開発しました。

手術当日に新しい歯が入ってすぐ噛める、経済的で美しい結果の得られる新しい治療法は全世界に広がりつつあります。同病院では、世界中からこの治療に訪れる人が絶えず、この方法だけで毎年1000人以上の治療が行われています。また、この治療法の研修に世界各国から多くの歯科医師が訪れています。

またその成功率はなんと 上顎98% 下顎99%以上です。今まで歯をなくして苦しんでこられた患者さんに明るい希望を与え続けています。当院はCM(クリニカマロ)ブリッジインターナショナルの会員です。

All-on-4(オールオンフォー)研修
   

 マロ・クリニック札幌(旧きむら歯科円山インプラントオフィス)インプラント担当医 木村洋子は、リスボンクリニカマロ研修コースに05年11月に参加、これは講習と簡単な見学のコースだったため、 06年3月には単身リスボンクリニカマロで、臨床実習コースを受けました。この中で、初診から外科手術、歯を入れるための補綴技術など全ての技術をマンツーマンで学びました。このコースを日本人で受けた人はこれまでで一人です。その後も、当院の最終補綴物(最終的な歯)はクリニカマロのマロセラミックスで製作しておりますので、最新の技術や情報を常に得て、最新の完成度の高い最終的な歯を患者様に提供しております。

ページトップ
Copyright (C) 2009 MARUYAMA IMPLANT OFFICE. All Rights Reserved