インプラント,オールオンフォー,審美歯科なら札幌、マロ・クリニック札幌(旧・円山インプラントオフィス)


    ↑↑新しいホームページはこちらから↑↑

インプラント

インプラントとは抜けた歯の代わりをする人工の歯根です。チタン製のスクリューを歯を失った部分の骨へ埋め込み噛めるようにする治療です。マロ・クリニック札幌(旧きむら歯科円山インプラントオフィス)では最先端のインプラントを入れてすぐ噛める(即時機能)治療を行っています。

最新のインプラント治療―「即時機能インプラント」

インプラントを入れてすぐに歯が入ればどんなに良いだろう。これはインプラント治療を受ける患者さんの願いでした。しかし、これまではインプラントの手術から歯を入れるまでは、数ヶ月待たなければなりませんでした。また2度目の手術も必要なことがありました。この不便さが大きな問題でした。

そこで研究、開発されたのが、即時機能インプラントです。これは、インプラント手術をしたその日にインプラント固定式の歯が入って噛めるようになるという画期的な治療法です。当院では、数年前からこの即時機能に取り組んでおり、昨年からは積極的に多くの患者様にこの技術を提供し大変喜ばれております。
当院では厳しい基準のアメリカFDAで即時機能(インプラントを入れてすぐ噛める)で認可を得たNobel Biocare社 のインプラントを使用しております。

歯がほとんどない方もこの即時機能のインプラント治療により、インプラントを入れたその日に歯を入れて噛めるようになります。歯が入るまで何ヶ月も待つということは必要なくなりました。

コンピュータガイドシステムの一種で歯茎を切らずに小さな孔を開けてインプラントを入れ、直ぐに歯を取り付けることができます。安全で痛くなく、すぐに、自然な歯が入ります。

当院で使用するインプラント

マロ・クリニック札幌(旧きむら歯科円山インプラントオフィス)では世界的にトップシェアを誇るNobel Biocare社 のブローネマルクインプラント、リプレイスインプラント、Straumann社インプラントを使用しています。

インプラント治療過程

1 診査: 諸検査、治療希望について伺います
2 カウンセリング: 患者様に最適な治療法のご説明とお見積もり
3 治療契約: 御署名で治療契約
4 初期治療とCT撮影: 必要な治療を行い、CTを撮影
5 インプラント埋入手術: インプラント埋入手術
6 仮歯の装着: 仮の歯で形、かみ合わせなどの確認
7 最終的な歯の装着 セラミックなどの歯を最終的に装着します
8 メンテナンス 長く良い状態を維持するため、定期検診します

インプラント治療希望の方はまずマロ・クリニック札幌(旧きむら歯科円山インプラントオフィス)へお電話ください。(011-613-8615)

ページトップ

治療費用

インプラントの治療費用についてはこちらをご覧ください。

インプラント治療のオプション

「静脈内鎮静法」

うとうとと眠っている間にインプラント治療を行ないます。北海道大学歯学部の麻酔科より派遣された歯科麻酔認定医が、麻酔の管理と体調の管理を行いますので、安心です。

「笑気鎮静法」

小児歯科治療でも仕様される笑気ガスを用いて、リラックスした気分でインプラント治療ができます。

「サイナスリフト」「オステオトーム」

上顎洞のために骨が不十分な場合に骨を上顎洞内に造成する方法です。

「抜歯窩保存法」

抜歯に際して骨を保存する材料を使用し骨の再生を助けます。

「骨造成法ーGBR」

骨がない部分に骨を造成します。

Copyright (C) 2009 MARUYAMA IMPLANT OFFICE. All Rights Reserved